投資 HDDの全内容を公開する「山田オルタナティブ」、Winny利用者以外も注意 | オタ談
smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
amazon
adsense
google
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 『嫌オタク流』 | main | テスト一日目終了 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

HDDの全内容を公開する「山田オルタナティブ」、Winny利用者以外も注意

2ちゃんねるなどでウイルス「山田オルタナティブ」が話題になっている。いわゆる“暴露ウイルス”の新種で、感染するとPCのHDDに保存されたすべてのデータがインターネット上に流出する恐れがあるという。

 山田オルタナティブは、2月下旬に発見された。画像掲示板やファイル交換ソフトなどを通じて感染し、2ちゃんねるの掲示板にランダムで書き込みを行なう「山田ウイルス」に取って代わるもの(オルタナティブ)などが名称の由来のようだ。

 トレンドマイクロでは、山田オルタナティブをトロイの木馬型ウイルス「TROJ_AGENT.AZW」(危険度“低”)として対応している。同社によれば、山田オルタナティブに感染したPCは、WebサーバーとしてHDDの全内容をインターネット上に公開する。また、ほかの感染PCのリンク集も自動生成して公開するという。

 情報を流出させるウイルスとしては「Antinny」などが有名だが、山田オルタナティブの特徴は、P2Pソフト「Winny」だけでなく、メールの添付ファイルやWebサイトからのダウンロードで感染する可能性があることだ。従って、Winnyユーザーでなくとも信頼できないファイルはダウンロードを控えたり、開かないことが感染を防ぐことになる。

 このほかのセキュリティベンダーでは、シマンテックでも「Backdoor.nodelm」として対応しているという。ただし、現在のところ詳細は不明だ。

 一部ではすでに亜種が発生しているとの情報もある。ウイルス対策ソフトのインストールはセキュリティ対策の大前提だが、速いペースで亜種が登場した場合、ウイルス対策ソフトがそのペースに追いつけない恐れもある。ウイルス対策ソフトを過信せず、信頼できないファイルのダウンロードや起動は行なわないようにしたい。

nyユーザーだけでなく感染するわけですか・・・

ウイルス対策していないからピンチですよ・・・

最近は2ちゃんに書き込みするウイルスもあるらしいですね・・・

ソース:http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/03/03/11106.html
ソースネクストウイルスセキュリティ 2006 (説明扉付きスリムパッケージ版)

at 20:05, まだ名無し, ネット

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 20:05, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://vipper.jugem.jp/trackback/195