投資 6つの予想外――ソフトバンク孫社長の秘策 | オタ談
smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
amazon
adsense
google
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 韓国人教師が女子生徒に暴行 | main | 0円大好きのソフトバンク、端末の持ち帰りは全て0円 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

6つの予想外――ソフトバンク孫社長の秘策

 ソフトバンクモバイルは、番号ポータビリティ(MNP)開始前夜の10月23日、緊急記者会見を行い、新料金プラン「ゴールドプラン」「オレンジプラン」「ブループラン」を発表した(10月23日の記事参照)。

 新料金の目玉である“ゴールドプラン”に「新スーパーボーナス」「ソフトバンク大創業キャンペーン」を合わせた、新しい料金施策の名前は“予想外割”。ソフトバンクユーザー同士であれば月額2880円※で音声通話とSMSが無料になるという、確かに“予想外”な新料金プランだった。自社網内音声定額といえばウィルコムがPHSで先駆けているが(2005年3月15日の記事参照)、携帯電話ではこれが初めて。また、2880円という価格はウィルコムの定額プランより20円安い。

※2880円になるのは、10月26日〜2007年1月15日のキャンペーン期間中に申し込みをした場合


 ドコモ、auの料金体系について「他社はいろいろな割引をやっている。しかし割引の前に、そもそもの基本料金が複雑怪奇だ。毎日携帯のことを考えている我々のような専門家でもよく分からない。販売の現場にいるスタッフにも分からない。それがお客様に分かるわけがない」とバッサリ。「そういう複雑怪奇で、しかも高い携帯料金について、今日、私たちなりの答えを出す」といって発表したのが“ドコモの割引済み料金から200円引く”「ブループラン」と、“auの割引済み料金から200円引く”「オレンジプラン」だ(いずれも税込で210円)。

 au、ドコモの割引や利用期間をすべて引き継いだ上で、そこから必ず200円引くこと、そしてauやドコモが追従・対抗して値下げをした場合には、24時間以内にソフトバンクもさらに値下げをする、と“約束”した(10月23日の記事参照)。

 ユーザーがMNPを利用しようという気持ちを牽制する大きな要素の1つが、「他社へ移行すると、既契約の割引サービスが移行できない」という課題だ。オレンジ/ブループランは、これを解消することが狙い。「他社のすべての組み合わせに対応する。他社の料金プランで計算し、各種割引などをすべて適応して、そこから200円引かせていただく。他社よりソフトバンクのほうが高いということは決してないことになる」(孫氏)

なんかごちゃごちゃしてきたが、とりあえず他社より安くするよって事ですね。

とりあえず様子見って感じですね。

Yahoo!BBのときみたいな事になると面白いです。

ソース:http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0610/24/news017.html

at 17:43, まだ名無し, ケータイ

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 17:43, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://vipper.jugem.jp/trackback/290