投資 0円大好きのソフトバンク、端末の持ち帰りは全て0円 | オタ談
smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
amazon
adsense
google
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 6つの予想外――ソフトバンク孫社長の秘策 | main | PSP:ファームフェア2.82公開 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

0円大好きのソフトバンク、端末の持ち帰りは全て0円

 通話料0円、メール代0円、月額利用料0円(加入月から最大2カ月)、パケット定額0円(加入月から最大2カ月)、基本料70%オフ──。この5つの「予想外割」に加わる、もう1つの“予想外”が26日朝、発表された。

 最後の予想外としてソフトバンクモバイルの孫正義社長が打ち出したのが“新規/機種変更にかかわらず、新スーパーボーナスへの加入者なら、端末の持ち帰りは全て0円”という施策(10月26日の記事参照)。スーパーボーナスで端末購入時に必要だった割賦金額の頭金を0円にすると発表した。

 「すべての携帯機種が0円。おそらく日本の携帯電話業界が始まって以来初めて、おそらく世界でも初めて。私たちは高い携帯電話代を安くしたかった」──。頭金0円の施策を打ち出した背景について、孫氏はこう説明する。

 「携帯電話は最初に買うときに1万500円、2万5000円という高い購入費用がかかり、持ち帰りにくい状況があった」(孫氏)。VGA携帯(記事1、記事2参照)や500万画素カメラ付き携帯(9月28日の記事参照)、世界最薄携帯(9月28日の記事参照)などの新端末を投入するにあたり、初期導入時の心理的負担を軽くするのが狙いだ。

 これまでにも古い端末などは0円や1円で販売されるケースは見受けられたが、それでも機種変更では2万円3万円があたりまえという状況があったと孫氏は指摘。ソフトバンクの新スーパーボーナスなら、新規も機種変更も0円で持ち帰れる点を強調した。「どこから見ても迷うことがない。新機種も機種変更も全機種0円」(孫氏)

 支払期間についても11月10日から、これまでの24カ月(2年)に加え、1年と1年半のプランを導入することを発表。1回当たりの割賦金額を上げて支払期間を短くする。「1年半バージョンは、(予想外割引の基本料金である2880円に)月々数百円を上乗せして払えば(新端末が)手に入る。1年バージョンでは千数百円を上乗せして選べる。お客さんの声に合わせて真っ正面から刻々と進化させるのがソフトバンク」(同)

また凄いことになってますな。

正直言って、同じ端末を長く使ってる僕にとっては良いです。

けど、色々ごちゃごちゃになってきてますね。


ソース:http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0610/26/news059.html

at 19:00, まだ名無し, ケータイ

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 19:00, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://vipper.jugem.jp/trackback/291