投資 任天堂、裸眼3D「ニンテンドー3DS」を'11年2月26日発売 −25,000円 | オタ談
smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
amazon
adsense
google
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< シャープ、電子書籍端末「GALAPAGOS」発表 | main | iPod touch 4G 脱獄成功か? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

任天堂、裸眼3D「ニンテンドー3DS」を'11年2月26日発売 −25,000円

任天堂、裸眼3D「ニンテンドー3DS」を'11年2月26日発売 −25,000円。日テレとフジが3D配信。

  任天堂は29日、裸眼で3D映像が楽しめる新ポータブルゲーム機「ニンテンドー3DS」(ニンテンドースリーディーエス)の発売日と価格を発表した。発売は2011年2月26日、価格は25,000円。2GBのSDカードが同梱される。カラーはアクアブルー、コスモブラックの2色。

  ニンテンドー3DSは、3月に開発発表がなされ、2011年3月期中(2011年3月末まで)に発売することが予告されていた。任天堂は29日に幕張メッセで「Nintendo Conference 2010」を開催しており、その中で発売日などの詳細を明らかにした。

  折りたたみ式のポータブルゲーム機。既に発表されている仕様として、上下に2つの液晶を搭載。上画面に3.53型/800×240ドットのワイド3D液晶を、下画面に3.02型/320×240ドットのタッチ液晶を採用するのが特徴。本体に3D表示の深度を調整できる「3Dボリューム」も備えている。  内側に1つ、外側に2つのカメラを装備し、外側のカメラでは3Dの写真撮影にも対応。解像度はいずれも640×480ドット。従来のタッチスクリーンやマイク入力に加え、アナログ入力可能なスライドパッドや、モーションセンサー、ジャイロセンサー、カメラによる画像認識機能などを新搭載。無線LAN機能やステレオスピーカーも備えている。なお、無線LANはWPA/WPA2に対応している。

  さらに、無線LANを介して無料体験版ゲームを自動的にダウンロードしたり、最新情報などを取得できる「いつの間に通信」機能を装備。この機能を用いて、3D映像を無料配信する。日本テレビとフジテレビと協力して実施するもので、両社が製作した3D映像を毎日配信する実験的な取り組みになるという。  他にもカンファレンスでは、スーパーマリオの生誕25周年を記念し、ニンテンドーDS LLのマリオ25周年モデルを2011年1月28日に18,000円で発売する事を発表。ゲームソフトとしては「ラブプラス」の3DS版の開発などが発表されている。



 携帯ゲームで25000円か・・・・ 

 さらに来年発売です。 

 とりあえず人柱待ち。

at 19:04, まだ名無し, ゲーム

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 19:04, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://vipper.jugem.jp/trackback/317