投資 雑記 | オタ談
smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
amazon
adsense
google
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

Google、ワープロ&表計算Webアプリ「Google Docs & Spreadsheets」を公開

米Googleは11日、Webブラウザから利用できるワープロおよび表計算アプリケーション「Google Docs & Spreadsheets」のベータ版を公開した。対応するWebブラウザはInternet Explorer 6以降、Firefox 1.0.7および1.5.0.6以降、Mozilla 1.7.12以降、Netscape 8/7.2。利用にはGoogleアカウントの登録が必要となる。

 Google Docs & Spreadsheetsは、Webブラウザからワープロと表計算ソフトが利用でき、文書をオンライン上で保存しておけるサービス。メニュー表示は英語だが日本語の入力や編集・印刷なども行なえる。オンラインでの文書の作成のほか、WordやExcelフォーマットのファイルやHTMLファイルなどをアップロードしてインポートすることが可能。作成した文書はGoogleのサーバー側に保存され、HTML形式やPDF形式へのエクスポートにも対応する。

 作成した文書は複数のGoogleアカウントで共有できるほか、誰でも閲覧可能な状態のHTMLファイルとして公開することも可能。また、Bloggerなどのブログアカウントを設定することで、作成した文書をブログの記事として投稿する機能を備える。

 Googleでは、6月に表計算アプリケーション「Google Spreadsheets」を公開しており、これにワープロ機能を加えた形で「Google Docs & Spreadsheets」としての公開となった。ワープロ機能については、Googleは3月にオンラインのワープロ文書作成サービス「Writely」を買収している。

なんかもう完全にマイクロソフト潰しにかかってますね。

どうやって広告を出すのかが気になるところです。

リンク:http://docs.google.com/

ソース:http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/10/11/13582.html

at 21:27, まだ名無し, 雑記

comments(0), trackbacks(0)

GoogleがYouTubeを16億5,000万ドルで買収

 米Googleは9日、ビデオ共有サイトの米YouTubeを約16億5,000万ドルで買収することで最終的に合意したと発表した。買収後もYouTubeは独立したサイト、ブランド、コミュニティとして存続。両社は今後とも動画のアップロード、視聴、共有サービスを提供するとともに、プロフェッショナルが自らのコンテンツを配信するためのメディアとしての道を模索していくとしている。
 YouTubeは、Universal Music Group、SONY BMG MUSIC ENTERTAINMENT、CBSとのコンテンツライセンス契約を締結した。既にWarner Music Groupとはコンテンツライセンス契約を締結済みである。これらの企業が提供するカタログをYouTubeのユーザーが利用可能となり、広告売上をあらかじめ定められた収益配分率によって分け合うことになる。

 一方、Googleも、SONY BMG MUSIC ENTERTAINMENTおよびWarner Music Groupとの間で、ビデオコンテンツのコンテンツライセンス契約を締結したと発表した。こちらは「Google Video」でのコンテンツ利用に関する提携となっている。SONY BMG MUSIC ENTERTAINMENTとWarner Music GroupのコンテンツをGoogleの利用者が無料で使用でき、広告によって得られた収益がGoogleとそれぞれの企業の間で分けられることになる。また、Google AdSenseパートナーサイトに対して両社のプレミアムコンテンツの一部を配信することも検討されている。

なんかmixiみたいになっちゃうんじゃないですか?

もう昔のYoutubeは帰ってこないでしょうね。

まぁそれでも面白いでしょうけど。

ソース:http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/10/10/13557.html

at 20:56, まだ名無し, 雑記

comments(0), trackbacks(0)

ナップスター

 ナップスタージャパンは、音楽配信サービス「ナップスター」を10月3日に開始する。定額制プラン「Napster Basic」の料金は月額1,280円、ポータブルプレーヤーへの転送も定額範囲内の「Napster To Go」は月額1,980円。サービス開始は22時を予定する。

 定額制対象の楽曲は約150万曲で、うち邦楽は約2万曲。1曲ごと購入できる「Napster a la carte」では約160万曲以上を用意し、うち邦楽は約9万曲。1曲ごとの価格は100〜300円で、中心価格帯は洋楽が150円、邦楽が200円となる。サービス開始当初はユニバーサルミュージック所属のAIの全曲配信、ビクターエンタテインメント所属のLOVE PSYCHEDELICOのオリジナルアルバム全曲配信を実施する。

 開始時点での参加レーベルは276社で、定額制プランにはBMG JAPAN、ソニー・ミュージックネットワーク、東芝EMI、ビクターエンタテインメント、ユニバーサルミュージック、ワーナーミュージック・ジャパンなどが参加。ただし各社とも一部アーティストや楽曲はサービス提供の対象外。9月に発表された国内レーベル以外にエイベックス ネットワークも参加したが、エイベックスはa la carteのみ楽曲提供し、現時点では定額制プランには非対応。



レコード会社一覧 3年後の会員数100万人が目標

 楽曲データ形式はWMAで、DRMはWindows Media DRM 10。固有IDの利用により、最大3台までのPCで楽曲を共有でき、To Goの場合はポータブルプレーヤー3台まで楽曲を転送できる。対応端末はNTTドコモの携帯電話[F902iS」、東芝の「gigabeat」シリーズ、iriver、クリエイティブメディアの「ZEN」シリーズなど5メーカー26機種で、ケンウッドやシャープなども対応端末を開発中。年内の対応端末出荷数は200万台を超える見込みという。

 決済にはクレジットカードに対応するほか、プリペイドのナップスターカードを用意。ナップスターカードはタワーレコードやファミリーマートとローソンのキオスク端末、郵便局のATMで購入できる。

 タワーレコード店舗では、90日間利用できる「Basic 3 months」を3,840円で、「To Go 3 months」を5,940円で販売。コンビニエンスストアと郵便局では1カ月版と6カ月版も販売し、価格は「Basic 1 months」が1,280円、「To Go 1 months」が1,980円、「Basic 6 months」が7,680円、「To Go 6 months」が11,880円。

 サービスの利用には専用アプリケーションのインストールが必要で、アプリケーションの対応OSはWindows XP/2000。なお、NapSter To Goを利用する場合はWindows Media Player 10以上が必要で、Windows Media Player 10の対応OSはWindows XPのみ。

 専用アプリケーションでは、ユーザーが任意の楽曲を集めてプレイリストが作成できる。プレイリストはユーザーが作成するだけでなく、アーティストやナップスター、タワーレコードスタッフの選局によるプレイリストも用意。また、作成したプレイリストを他のユーザーと共有する機能、過去のアクセス履歴や楽曲の分類状況から自動的に楽曲を推薦するレコメンド機能も搭載する。

いやぁ凄いサービスが現れましたね。

プレイヤーに対応可能なのは2000円位ですか。

また微妙な価格ですが、普段2000円以上レンタルしてる人には得かもしれないですね。

弱点はケータイで使うとしてもケータイ側の容量が少ない事と、邦楽が少ないことですかね。

日本の楽曲を全部配信するのは不可能だと思いますよ。

洋楽好きにはお勧めって事で。


ソース:http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/10/03/13495.html

at 19:55, まだ名無し, 雑記

comments(0), trackbacks(0)

「デスノート」作者、小畑健容疑者逮捕

 乗用車の中にナイフを所持していたとして、警視庁石神井署が銃刀法違反の現行犯で、漫画家、小畑健容疑者(37)=東京都武蔵野市境=を逮捕していたことが7日分かった。

 小畑容疑者は人気漫画「DEATH NOTE(デスノート)」などで知られ、「キャンプに使うために持っていた。申し訳ないことをした」などと供述している。

 調べでは、小畑容疑者は6日午前0時30分ごろ、同区大泉町の路上で、乗用車のコンソールボックス内にアーミーナイフ(刃渡り約8.6センチ)を所持していた。パトロール中の同署員がライトが切れた乗用車を発見。運転していた小畑容疑者を職務質問し、キーのアクセサリーに小さなナイフが付いていたことから車内を調べたところ、見つかった。

 デスノートは原作を別の作者が担当し、小畑容疑者は作画を担当していた。集英社の「週刊少年ジャンプ」に連載され、名前が記されると死ぬというノートをめぐる心理サスペンスで、映画化されるなど大ヒットした。

キャンプで使うようなナイフで捕まるなんておかしいだろww

そんなことより凶悪犯でも探せwwwwwwwwwwwwwwww

ソース:http://www.sankei.co.jp/news/060907/sha015.htm

at 19:13, まだ名無し, 雑記

comments(0), trackbacks(0)

ネット情報「ウソ発見器」 総務省が開発へ

 真偽が見極め難いさまざまな情報が乱れ飛ぶインターネット。その中で、ウソや間違いらしい情報を自動的に洗い出し、ネットの利便性を高めるシステムの開発に総務省が乗り出す。ネット上にある関連深い別の情報を探し出し、比較参照することで、情報の「デマ率」などを示す。研究機関と協力し、2010年までの開発を目指す。07年度予算では、まず3億円を要求する。

 ネット上の情報は、何人もの目で事前に校閲された出版物などに比べ、誤った内容が少なくない。信頼性を確かめるには、利用者が他の情報と付き合わせるなどの作業を行うしか手がない。

 総務省が構築を目指すシステムは、この選別をコンピューターで自動的にやらせるものだ。ネット情報のウソや間違いの「発見器」といえる。

 完成すれば、ある情報のデマ率を調べたり、ネットで検索するときに信頼性のある順番に表示したりできるという。「この情報はデマ率95%ですが表示しますか」などという注意表示もできるようになる。

 扱う対象は、株式情報から国際情勢の解説、商品情報などさまざま。「この企業分析は適切か」「レバノン内政のこの記述は自然か」「オークションに出品されているこの外国電化製品の性能表示は本当か」などの疑問に答えられるようにするのが目標。

 開発の焦点は、インターネットのなかから信頼できる関連情報を見つけ出せるかどうかだ。そのために、知識を関連づけて書かれた内容の意味を正確に判定する技術や高度な自動翻訳技術などを編み出す必要がある。

3億円ですか。

マジでやるきですかね。

本物か偽者かを判断するのは利用者ですよ。

ソース:http://www.asahi.com/national/update/0826/TKY200608260179.html

at 17:40, まだ名無し, 雑記

comments(0), trackbacks(0)

HEY!HEY!HEY!平野綾

at 13:17, まだ名無し, 雑記

comments(0), trackbacks(0)

任天堂とOpera Software、DS用WEBブラウザ「ニンテンドーDSブラウザー」を7月24日に発売


任天堂株式会社は、ニンテンドーDS用WEBブラウザ「ニンテンドーDSブラウザー」を、7月24日に発売すると発表した。価格は3,800円で、当面は任天堂のホームページを始めとするインターネット通販のみとなる。

 「ニンテンドーDSブラウザー」は、DSでWEBブラウジングを可能にするソフト。DSカードにフルブラウザ「Opera」のソフトが収められ、さらにゲームボーイアドバンス用スロットにメモリ拡張カートリッジが提供される。メモリ拡張カートリッジは、DS用とDS Lite用で形状が異なるため、2種類のパッケージが用意される。インターネットへの接続には、DS内蔵の無線通信機能を用いるため、Wi-Fi接続環境やフリースポットなど、無線LAN環境が別途必要になる。

 ブラウザは上下2画面を使い、標準では上画面に拡大ページ、下画面に縮小ページを表示する。下画面にある「画面切替」をタッチすることで、上下の表示を入れ替えたり、上下画面をひとつの画面に見立てて表示する「縦長モード」も用意されている。「縦長モード」では、画面に合わせて内容を一列で表示できるよう調整する機能も搭載し、掲示板など文字量の多いページでも読みやすく整理される。このほか、50%から150%まで、5段階の拡大縮小表示も可能。

 文字入力は、タッチスクリーンに表示されるソフトウェアキーボードを使う「キーボード入力」と、タッチペンで直接文字を書いて入力する「手書き入力」の2種類に対応。好みの入力方法で、手軽に入力できる。

 このほか、パスワードを入力するまでインターネットに接続できないようにする「デバイスロックサービス」や、子供の利用に不適切と思われるサイトの表示をブロックする「ペアレンタルロック機能」に対応している。なお、FlashやPDF、動画、サウンドの再生には対応していない。

ブラウザですか。

ブラウザに関してはPSPの方が上のような気がしますが、Wi-Fiが成り立ってる任天堂の方が実用性ありかもしれないですね。

まぁブラウザとかワンセグがなくても、DS欲しいですよ。


ソース:http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20060622/opera.htm

【新品】ゲームハード関連DS 北米版ニンテンドーDS本体(エレクトリックブルー)(送/代無料)値下...

at 18:38, まだ名無し, 雑記

comments(0), trackbacks(0)