投資 2ch | オタ談
smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
amazon
adsense
google
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

のまネコ問題 avex商標取り下げらしいです。

■いわゆる「のまネコ」問題についての当グループの考え方

この度、私たちが販売しております「のまネコ」に関して、これまで皆様に混乱を招いたことを反省しつつ、「のまネコ」にかかわって今まで私たちがしてきたことをすべて見直しました。

結論から言いますと、現在CDに特典としてつけているマイアヒ・フラッシュを今後はもうつけないことにしようと思います。また、「のまネコ」の図形商標の登録出願を有限会社ゼンに中止してもらおうと思います。こうすれば、多くの方々が共有財産として楽しんでいる「モナー」等について、私たちが何らかの権利を持っているかのような誤解を完全に払拭できると考えたからです。

私たちは、昨年10月に、「恋のマイアヒ」の楽曲を使ってアスキーアート文化の影響を受けた映像と共に音楽を楽しむ面白いフラッシュを見つけました。そのフラッシュは、使用許諾なく楽曲を使用していましたが、「これは非常に面白いので、是非皆さんにも楽しんでもらおう」と思い、作者の方に私たち用に改めてフラッシュを作ってもらい、もちろん作家の許諾を取った上で、CDの特典映像としました。それがマイアヒ・フラッシュの始まりだったことは皆様ご存知のとおりです。

しかし、その後CDの売れ行きが予想もしないぐらい伸びたことを背景に、私たちはビジネスとして、ぬいぐるみ等の「のまネコグッズ」をオリジナル商品として出すことにしました。その商品は、マイアヒ・フラッシュのイメージを残しつつ新たなオリジナリティを加えて別のキャラクターとして描き下ろされたものであり、もちろん「モナー」とは異なるものとして作っていただいたものですが、皆様には、「のまネコ」は上記のような経緯で誕生したマイアヒ・フラッシュと同様のものであると受け取られ、「のまネコ」によって「モナー」等のアスキーアートの自由な使用が制限されるのではないかといった様々なご不満・お叱りをいただきました。

私たちは、「のまネコ」は「モナー」とはまったく別物であり問題ないと考えていたからこそ、海賊版に対抗すること等を考えてごく普通に商標登録出願をしてもらったのですが、皆さんの気持ちの中では、「同じようなもの」というように捉えられたのだと思います。正直なところ、私たちは、別物ではあるものの、上記のとおりアスキーアート文化をバック・グラウンドとしてもつマイアヒ・フラッシュの知名度が「のまネコ」グッズ販売の一助になると考えておりました。

しかし、このことが原因で今回の混乱を招いた以上、直ちにマイアヒ・フラッシュの提供を中止し、「のまネコ」の図形商標の登録出願も取り下げることで、皆さんに安心していただこうと決心した次第です。
と、発表しようと思っていた矢先、本日未明、2ちゃんねるにエイベックス社員に対する殺人予告が載せられました。「のまネコ」問題が取りざたされるようになってから、今までも、一部の心ない方から嫌がらせまがいのことが私たち及び関係者に対して行われてきましたが、善意のファンや一般消費者の方々の声を真摯にうかがおうと思い、特段の措置はとりませんでした。しかし、今回のものは明らかに不法かつ著しく反社会的であって到底見過ごすことができるものではないので、警察に被害届けを出すことにしました。

この事件に接して、正直言って、冒頭からの発表文を出すことにややためらいを感じましたが皆様を信じて当初の予定通り発表させていただきます。



エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社 2005年9月30日

なんかまったく悪気があるように感じられない文章ですな

http://ecweb1.avexnet.or.jp/sa4web/050930info.htm

at 18:13, まだ名無し, 2ch

comments(0), trackbacks(0)

ひろゆきがavexに挑戦状を送りつけるw

というわけで、下記のような質問状をavexonline@avexnet.or.jpのアドレスに送りました。

のまタコ及びのまネコ問題に関して、全然知らないという人は、下記のサイトがわかりやすいかもしれません。
href="http://magic3.net/item/415">今旬の話題 -
「のまネコ問題」とは?


なんらかの反応があったらまた更新します。


ひろゆき


******************

■のまタコについての公開質問状■


2ちゃんねるという掲示板の管理者をしております西村と申します。

「のまタコ」というキャラクターの独自展開を考えており、商標登録とグッズ展開にあたり何も問題がないことを確認致したくご連絡差し上げました。

勝手ではございますが、7日以内でお返事が頂けない場合は黙認されたと解釈させて頂きます。

それでは、宜しく御願い致します。


のまタコ




のまタコ説明文
**********

「のまタコ」は、2chのVIP板で生まれました。
「のまタコ」は、伝統的な馬の鞍につける水袋の紋章にインスパイヤされてキャラクター化され、VIPPERが今回の風刺にあたって新たなオリジナリティーを加えてキャラクター化したものですが、
AVEX様において「浜崎あゆみロゴ」の、Aを用いたロゴマークを使用されることを何ら制限するものではございません。

わたしたちはビジネスを行っておりますから、プロモーションの結果生じた市場の反応に対応してさらにその活躍の場を広げていきたいと常に考えております。

今回出願する商標につきましては、あくまでもグッズとして展開されるキャラクターの「のまタコ」のみであり、当然のことではありますが、わたしたちが、「浜崎あゆみロゴ」の利用に対して権利を主張することは一切ありません。

今後、わたくしたちは、いわゆる音楽業界のみなさまともより一層深いコミュニケーションをとらせていただきながら
、多くの人々に楽しんでいただけるクリエイティブなエンタテインメント・コンテンツを世の中に出して参りますので、よろしくお願いいたします。
**********

上記説明文は、御社のコメントを参考にさせて頂きました。
http://ecweb1.avexnet.or.jp/sa4web/050908noma.htm





2005年9月24日
西村博之


凄い事しましたね( ̄ー ̄)

さすがです。

at 18:31, まだ名無し, 2ch

comments(0), trackbacks(0)

のまネコ商標登録ですか。そうですか (´・ω・`)

モナー(のまネコ)が米酒という名で size=5>図形商標出願済(商標出願2005‐69972)なことが明らかになった。

これは有限会社ZENが7月28日付けで特許庁に出願した模様。


 登録区分数は7種類にも及び、ほとんどのアクセサリー、玩具などでの"のまネコ"の

使用はゼンに許可とらなければいけない形となる。ちなみに登録区分の中には"お酒"の

部類もあるとのこと。(文は零細企業φ氏のを利用させてもらいました。)

マジでavexありえん・・・・

どうしようもないよん・・・(´・ω・`)

若竹 鬼ころし 特別純米酒1.8L

at 18:00, まだ名無し, 2ch

comments(0), trackbacks(0)

のまネコ

のまネコ問題とは?
「のまネコ」問題とは、avexの「のまネコ」というキャラクターが「ギコ」「モナー」「モララー」などのAAキャラクターに酷似しており、AAキャラクターが大企業や個人によって権利を独占的に利用されてしまうのではないかという問題のことです。


これまでの経緯

--------------------------------------------------------------------------------


事の発端
 もともと「電影駄目虫超」というサイトの「わた」という人がO-ZONEの「恋のマイアヒ」という曲を使ったFLASHを制作したのがことの始まりでした。

 そのFLASHは「恋のマイアヒ」の歌詞が「飲ま飲まイェイ」などと聞こえるという、いわゆる「空耳」に合わせて、AAキャラクターが動くというフラッシュ作品でした。(参考)


avezの介入
 その後、レコード会社のavexから「わた」さんに連絡が行きました。「わた」さんによれば、その連絡はポジティブなものであり、今後発売するCDに「わた」さんのフラッシュを利用したいということでした。「わた」さんはそれを了承しました。「何かのネタかと思いました。」



のまネコグッズ販売と2ちゃんねるユーザーの反発
そして2005年9月1日、avexが「のまネコ」というキャラクターのグッズ販売を始めました。(参考)

 ここに至り、巨大掲示板サイト「2ちゃんねる」(2ch.net)のユーザーから、「のまネコ」は2ちゃんねる内で広まっていた「モナー」などのAAキャラクターを無断で使用し、独占的に利益を得ようとしているのではないかとの批判がおきています。

 また、同キャラクターグッズのサイトに「(c)のまネコ製作委員会」というコピーライト表示がありますので、この実態不明な「のまネコ製作委員会」が「のまネコ」の著作権を獲得・主張しています。このことにより、同社および「わた」さんが、一般に広く共有されているAAキャラクターを「のまネコ」というオリジナルキャラクターとして独
占権を得ようとしているのではないか、との懸念が広がっています。

 これに危機感を持った一部の人々がavexに対して問い合わせの電話をしたり、メールを送ったりしました。ところが、avexはこれに対してはっきりとした答えを出さないまま、うやむやにしてしまいます。

 しかし、現状では商標出願等は確認されておらず、独占の意思に関しては不明です。いずれにせよ、さらに情報を集めて「類似品による権利の濫用」などの問題を検討していく必要があります。

どうやらavexが「のまネコ」の商品を売っちゃってるみたいですね。

正直、AAとかが某CMに執拗に出されたりしてた時点で抵抗を覚えていたのですが、もうやり過ぎですな。

なんか自分で作ったわけでもないのに、利益を出そうなんて調子に乗りすぎですな。


リンク:エイベックス著作権違反疑惑「のまネコ」のまとめ - TOP
のまネコ問題 ミラーWiki

at 18:04, まだ名無し, 2ch

comments(0), trackbacks(0)